お酒は毒か?いや、アルコール消毒か?

お酒は毒か?いや、アルコール消毒か?

自分はお酒を飲めません。

お酒を飲むと、稀に蕁麻疹が出ます。笑

酔えませんし、むしろ酸欠になって吐き気を催します。

 


酒が体に良いはずがないでしょ?

だからって「酒は毒だ!危険だ!」と大反対してるわけはありません。

結局のところ、酒を飲んだ後、飲んだ人が記憶をなくしたり、性格が変わったり、

結果として犯罪を犯したりするわけで、そっちをまず糾弾したいですね。笑

ま、でも。酒が健康に良いものとは到底思えません。

 

実際に、お酒には依存性があります。

依存性がある飲食物で体に良いものを知りません。

 

ていうか酒に心を左右されるって、

なんだか脳に致命的なダメージを与えるのではないかとさえ思います。

麻薬と同じなわけです。

酒はこれから「合法ドラッグ」と呼んだ方がいいですね。笑

 

なので、自分的には酒は毒だと思っているわけです。

しかも、酒が引き起こす事件や、または酒そのもので人が死んだりしているわけですから、

酒がなくなることで得られるメリットはけっこう多いですよね。

「酒がないことのストレスのほうが大きい」というのは酒ありき前提の理論ですから却下です。笑

 

酒も少量ならOK

が、しかし、少量なら体に良いという意見もありますよね。

これには自分も賛成です。

 

だって西洋医学の代名詞である「薬」も大量に摂取すると毒だけど、少量なら健康に役立ちます。

(東洋医学の漢方なら大量摂取しても大丈夫と言う人がいますけど、そんな事はないので注意!)

 

あと、神社に行ってお祓いしてもらったりするとお神酒を頂きますが、これもごく少量です。

食前酒も少量です。

そういえば、養命酒ってお酒もありますね。

自分も少量飲むだけなら顔も赤くならないし、じんましんも出ませんし、酸欠にもなりません。笑

 


酒でアルコール消毒て、なめてんのか!?笑

ところで酒を飲む口実として「酒はアルコール消毒だ」という大人をよく見かけますが、

あれって「あながち間違いじゃないよね」って思うんです。

 

例えば、ちょっと喉が「いがらっぽい」な、風邪の引き初めに似ているなって時ありますよね。

そんな時に寝る前に、ほんの一口だけお酒を口に含ませて、それを一気に飲み込まずにのどのあたりでしばらく止めます。

なんとなく浸透したかなと思ったら、そのまま飲み込みます。

これで翌日に喉の違和感がおさまったということが個人的に何度かありました。

 

あ、いや、もちろんそんなことしなくても収まったのかもしれません。苦笑

何が原因で症状が治まったかはわかりませんよ。

あくまで自分だけの体験ですが、でも何度かやって効果があったので、試してみる価値はあるかなと。。。

 

酒でうがいはアリかもね

いや、こんなことは自分だけかと思っていたのですが、ネットで調べてみると、自分と同様のことをしている人が結構いたんですよね。

なので、20歳以上であれば、ちょっと試してみたください。

まあ、似たような療法で「うがい」がありますが、要するにこれと同じですよね。

おそらく「気のせい」かと思うのですが、少なくとも「うがい」の効果はあります。笑

 

しかし寝る前に酒を大量に飲むのは危険ですのでやめましょう。

酒を分解するのに水を大量に要するので場合によっては寝てる間に脱水症状になりますし、

なによりも寝てるあいだに酒を分解するという大仕事をさせるのは体の休息になりませんからね。

あくまでも酒は毒です。

これ、大前提。