一番賢い生き方は、すぐに自殺することなのか?

一番賢い生き方は、すぐに自殺することなのか?

動物は「サバイバル意欲」という生きていこうという本能があります。

我が家のタヌコロたちも何が何でも生きようとします。

人間だけですよ、自らの意志で死ぬのは。

ということは犬には意志がないのか、知識が無いのか、なんなのか。

興味深い話です。

 


せっかく生まれてきたのに

親や先生に「わがままだ」って言われてた時、

「誰にも迷惑かけて無いじゃん!」

って、思うことが誰にでもあると思います。

 

我慢して辛くて仕方が無い仕事や、一緒にいても苦痛なだけの人間関係を続けていてなんの意味があるのだろうかと。

苦痛から抜け出すこと、それが我儘なのか?

せっかく生まれてきたのに、そんなバカな!

苦しめというのか!?

って思いますよね。

 

偉そうに悟ったようなことを言う人たち

「辛いけど、そこに意味がある」という人がいます。

でも、その人がそう思っているだけですよね。

苦行は尊いなんて、どっかの宗教みたいですよね。

せっかく生まれてきて、なぜ苦しみが美徳なの?

 

だったら今すぐ命を絶つほうが利口ですよね。

自殺がベストアンサーです。

そんなに言うなら、すぐに死んだ方がラクじゃないですか?

 

でも、それっておかしいよね。

どこか、おかしい。

どっちがおかしいか。

自殺がおかしいのか、苦行を続けるのがおかしいのか

いやー、おバカな質問です。

どっちも、おかしいんですよ。笑

 


日本は洗脳社会です

この世に生まれてきたのは、なんでだろう。

意味なんて無い。

誰も使命を持って生まれてきた人はいない。

真っ白で生まれてくる。

 

だったら何故、真っ白な自分に、わざわざ世間や親や教師や政治のルールをあてはめて苦しむ必要があるのだろう

楽しく幸せに暮らす。

遊んで暮らす。

真剣にそんな方法を考えると何故か「叱られる」世の中に対して誰一人疑問を持たないのはおかしいことですよ。

まるで変な宗教にはいって「人生は苦行也」って洗脳されてるようです。

自分の選択でもつ辛いことは起こる

つらい事があると弱音を吐く。

話すと気分が晴れるから。

自分を認めてくれる、話を最後まで聞いてくれる友達がいる。

うれしいことです。

 

現実は、自分が選んできたプロセスの結果。

だから弱音を吐いても逃げてはいけない。

これが本当の自己責任です。

弱音を吐いても愚痴を言っても自分で選んだのなら少しは我慢が効きます

 

そうなのです、

楽しいことを選んだはずでも、苦しいことは起こるんです!

 


死なない、逃げない選択もあることを知る

「今、自分に起きてることって、そんなに苦しいことか? 

苦しいといっても自分は今こうして生きている。

うん、まだ我慢できる。

他人がどう思おうと自分が良いと思った選択だ。」

 

会社で辛いことがあったとき、こうして自分に言い聞かしてきたことも何度かあります。

そのうち何事も無く難は通り過ぎていく。

重い環境が風化していく。

辛いことに逃げずに立ち向かっていくと、こういうメリットも実際あるんです。

 

これは実体験で嘘ではないです。

なので、辛くても、それを自分が選んだのなら、逃げずに苦難が去るのを待つというのも方法の一つ

しかし、

しかし、しかし!

決して、待ち続ける必要はないということを知ることですね。

自分の選択が間違ったことを悟り、

再度選び直すこともできるのです。

 

いつも心をゼロにして、その瞬間、瞬間の選択からスタートすればよいのです。